「Tested on pave」

素人『インプレもどき』のくせに、前回のエントリーから続くとか何様のつもりなんでしょうかね、私。。。

ま、本人のジコマンって事で適当にご理解頂きつつベタな『感想文』として読んでおいて下さい(笑)

 

さて!

 

で、更に走りながら思わず笑ってしまったのが・・・

RIDLEYの全ての(たぶんw)バイクのBB付近にある「Tested on pave」のデカール・・・

2013-05-22 10.49.40

 

【フレームが変わって何が変わったのか!】

まだありますよー!

 

という事で、よくあるWebや雑誌でのインプレで絶賛されている『振動吸収性』ですが、サスペンションがついてる訳でもないのに、ちょっと違う位でしょ?

と思っていた私。。。

比較したくて、BOMAでよく走る特定の荒れたアスファルトでの走破性を身体に覚えこませていました。

そして、その場所を同じ位のスピードで走り抜けた訳ですが!

ビックリ!こんなにも違うものなの!?

BOMAのように突き上げがあまりないから、タイヤの追従性もよくペダリングも変なスカスカ感がない。

BOMAの時は、このスカスカ感というかタイヤが飛び跳ねっぱなしなので、前に進まないんだよね。

それがNOAHは、ペダリングもストレスなく回せば進むみたいな感じで、ほんと笑ってしまいましたw

なんにせよ、ストレスがない!ってのが最高に気持ちいいね!

 

さすが「テスト オン パヴェ」と謳っているだけの事はあります!

20091206_669415

こんな石畳(パヴェ)でテストしたフレームなんです!

しかし、こんなとこ爆走してよくもまぁ壊れないもんですよね。(プロならではの完璧整備あっての事だと思いますが。)

 

 

ところで、突き上げ感とかって、タイヤの空気圧も影響してきますが、私の場合 体重71kg(ボソ)で7.3~7.5berで調整しています。

たまに最大空気圧イッパイに入れてる人もいますが、あれって怖いですよね。

タイヤが路面に食いつかずに、コーナーや下りだとポンポン跳ねて怖いと思うんですが・・・^^;

 

話が逸れましたが、ギャップ超えも『ガツン!』『ガン!』ってきてた箇所が『ヌルン!』みたいな感じになったかな?(笑)

知る人ぞ知る『彩湖のオートバイ速度抑制用の凹凸』ももしかしたら楽に乗り越えられるのかな?と次回走るのを楽しみにしています。

 

ま、いずれによせ、BOMA Almarもよく走ってくれました。

たまに『漢フレーム乗ってますねー!』とか言われた事ありますが、今思うと理解できますw

 

 

と言うわけで、参考にもならない単なる『感想文』はこれでお終いです(笑)

 

骨抜きになったBOMAは、余っているパーツを利用して これから少しづつ組み直していこうかと思っています。

 

あ、ハンドルとステムがないや・・・w

RIDLEY NOAH インプレ!もどき・・・(笑)

RIMG3926_R2

BOMA Almar

 

2013-05-31 10.16.05

RIDLEY NOAH

 

先代の【BOMA Almar】とNew戦闘マシン【RIDLEY NOAH】の画を並べてみました。

 

【フレームが変わって、何が変わったのか!】

 

(´-`) ンー

ほんと興味ない人が見たら、変わったのわからないかもwww←

 

とか言ってますが、乗ってみると全然違う!

一言で言うと『アルマー(BOMA)』は全てがカッチンカッチン!

『NOAH(RIDLEY)』は少ない力でグングン進む!(アルマー対比)

 

自転車の抵抗って空気抵抗が一番大きとはいいますが、空力特性がいいとココまで違うんだねー。

本当は自転車より人間の身体の方が空気抵抗に占める割合は大きいんだけどね。

それでもやっぱりエアロフレームは違う!

2013-05-22 10.53.19

 

平坦でも分かるけど、もっとハッキリ分かるのは下り!

もうね、放っておくとドンドン勝手に加速していってしまいます(笑)←デュラキャリパーにしよかな・・・

(゚O゚;アッ!という間に57km/hに達してしまって、ちとビビったw

 

しかし、ビビったとはいえ、焦ったって事で不安はありませんでした。

たぶんヘッド周りの剛性かと思うんですが、とにかくその『安定感』がアルマーと比べちゃうと比較にならない程。

今思えば、アルマーでの下りで怖かったのはフロントの剛性不足だったのかな?

それは、スピードを出してなくても、一般速度域?でのブレーキングでも感じられたし、ハンドルをわざと左右に揺さぶる動作をしても違いが分かります。

 

素人の言い分だからきっと参考にもならないと思うが、フレームの前後バランスがいいのか普通に走ってても直進安定性もいい。

なので、ダンシングでもシッティングでもBOMAで感じられた『ふらつき感』がなくなった!

 

あと驚いたのが、エアロフレームならではの『翼断面』って事で、横風には弱いんだろうと懸念していたが、フレームのバランスとヘッド周りのおかげか、BOMAより影響されない事が判明。

なんか不思議ちゃんなフレームです(笑)

 

で、更に走りながら思わず笑ってしまったのが・・・

RIDLEYの全ての(たぶんw)バイクのBB付近にある「Tested on pave」のデカール・・・

2013-05-22 10.49.40

 

【フレームが変わって何が変わったのか!】

まだありますよー!

 

 

てな訳で・・・続く

チューブラータイヤの携行とツール缶

2013-05-31 10.16.49

早速『NOAH』のフレームに入替えた訳ですが、私のいつもの事・・・

新しい自転車が納車や完成すると決まって『雨!』はぁ?なんで?!って位『雨!』なんです!

今回も、梅雨入りしたとか聞いて、『あ”ー、また組み上がると雨なのかよ・・・(T_T)』と思ったのも束の間!で、その翌日からは連日の『降る降る詐欺』のお陰で先日無事にシェイクダウンと相成りました。

 

こういう『詐欺』ならいいもんだネー(・∀・)

 

 

んで、このフレームにサドルバッグは似合わねー! ・・・と感じたので、今回初めてサドル下にチューブラータイヤを括りつけてみた訳ですが・・・ 中々いい感じに収まったかな?

DSC04782_R2

方法としては、トゥストラップで固定していますが、トゥストラップなんて初めて使いました(笑)

そして、サドルバッグに入っていたものは一部を除き、新たに購入したツール缶に移行。

DSC04778_R2

このツール缶がまた中々いい感じです!

分かりますか?

画像中、右側の白い入れ物がツール缶の上部分に収まるんです。

つまり、ツール缶内で2段になっているんですね!

長い物を入れたりしたい場合は、この白い部分を使わなくすれば可能ですし、私は頻繁に使うであろう『ワイヤーロック』などを入れました。

 

ところで今回、リアタイヤのトレッドが減ってきたので交換した訳ですが、携行してた予備タイヤが未使用品だったので、それと交換しました。

DSC04755_R2

つまり、サドルに括りつけた予備タイヤが、今回外したタイヤとなります。

 

そして実は・・・w

このタイヤ交換でとんでもない事が判明しました(笑)

DSC04761_R2

 

わかりますか?

今までの携行予備タイヤと外したタイヤを重ねてる訳ですが、バルブに注目!

右が外したタイヤ。左が携行してたタイヤ。。。

なんと!エクステンションバルブ(延長バルブ)を付け忘れていました(笑)←

 

これどういう事かと言うと、簡単に言っちゃうと『出先でパンクした場合タイヤ交換はできても空気を入れられない』www

幸いにもパンクに見舞われなくて助かりましたが、これじゃぁ携行してる意味なし!(笑)

 

そんな訳で、今度は『間違いなく!』エクステンションバルブを付けましたよ~。。。

DSC04772_R2

 

 

 

【おまけ!】

DSC04762_R2

 

リムに何か貼ってあるの分かりますか?

これ極薄い鉛テープです。

これでホイールバランスをとっています。

55km/h~60km/hでの下りでかなり【ブルって】いたので付けた訳ですが、NOAHのフレームに入れ替えたらその原因が浮き彫りになってきたようです。

さて!その話はまた今度ね!

 

カタカタタタ………”8-(o・_・)o