適正トルクって 大切だよね。


DSC_1711

数ヶ月前からSPEEDPLAYのペダルに交換した訳ですが、どうにもクリートの嵌まりが悪くて  とーってもストレスを感じていました。

スピプレのクリートの取り付け時に、ネジの閉め具合でクリートのプレートが歪んだりしてペダルキャッチが固かったりするようです。

で。この締め具合なんですが、取説にはイマイチ理解しづらい説明で

「ネジの締め付けに抵抗を感じたところから4分の1回転以上は締めないでください」

なんて、書かれていますが正直『抵抗?抵抗ってどれ?これ?あれ?』てな感じでホントわかりづらいんです。

締めすぎても怖いし、何となく『こんな感じかなぁ・・・』的に締めておきました。

しかし・・・

冒頭にも書いた通り、ムカつく位嵌らなくて捨てちまおう!とも思った位ですw(嘘)

 

そんな訳で、いい加減「トルクドライバー」をGETしました(・_・;)(トルクレンチならあるんだけど、クリート取り付けが プラスネジなので・・・)

GETしたのは【プロクソン(PROXXON)トルクドライバ – MC5mono39211602-120217-02

 

さて、JP-SPORTさんのサイトで確認すると、

クリートをシューズの底に取り付ける為の“ベースプレート”を取り付けるネジの締め付けトルク数は“3.95N-m”

クリートの4つネジの締め付けトルクは“2.26N-m”

との事で、とりあえずそれぞれトルク数を設定し、締め込んでみるとぉ・・・

はい。余裕で回りますが(笑)

つまり、物凄く緩かったようです(・_・;)

締めすぎて・・・じゃなくて、緩すぎてキャッチしずらかったのかも知れませんね。

とりあえず、今日は無理なので後日テストライドしてみたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください