eTap(バッテリーの件 間違い情報?)

★まず最初にお断りしておきます。
このエントリーに書かれている事は「間違った情報」なので、最後までちゃんとお読み下さい(笑)★

 

前回のエントリーで『バッテリーの疑問』を書いた訳ですが、ググってみたところ 有力な情報発見です。

 

『電池寿命を延ばすためにSRAMはけっこう苦労したようで、さまざまな工夫が施されている。各ディレイラーには加速度計が仕込まれており、操作後30秒経過するとスリープ状態に入り、待機電力の浪費を防ぐそうだ。

シフトレバーを15秒押し続けると、これまた通信を中断するので電池消費量を抑えることができる。』

 

と、ある。

なるほど。

”各ディレイラーには加速度計が仕込まれており”

つまり、RDだけじゃなくて、FDにもモーションセンサーが仕込まれてるようです・・・?

 

・・・そして!

”シフトレバーを15秒押し続けると、これまた通信を中断する”

えええええええええええええええ!!!!!

マジですか!?

いやいや、コレホントでしょうか?(^_^;)

だって、押し続けたら多段変速状態ですよ?(笑)

ま、自宅に帰ってから試してみますか。。。(今職場)

 

正しい情報は次に続きます(笑)

eTap(バッテリーの疑問)

さて、正月早々『eTap』に換装しました!

これまで使っていたのは『Ultegra 6770 Di2』だったので10速でしたが、これでやーーーーっと!11速化となりました。

前回のエントリーでも書きましたが、ほんっと!ケーブルがなくなった為にスッキリしました!ヽ(゚∀゚)ノ

そして、フロントが「Q-RINGS」だからか、Di2の時同様 調整にちょっと難儀しましたが、なんとかOK!

ただ、それでもやっぱりトルクを掛けながら、インナー→アウターへは 上がりにくいですね。

まぁ、そもそもトルク掛けながらシフトチェンジする事自体がアレなんですけどね。

なので、インナーからアウターにチェンジする瞬間、ほんの一瞬だけ脚を止めるもしくはトルクを抜いてあげるだけで すんなりと上がってくれます。

 

ところで、疑問が出てきました。

eTapはRDが制御の要となっているようで、RDにはモーションセンサーが組み込まれています。

自転車にちょっと振動を与えるとモーションセンサーが働き、スイッチが入る構造になっています。

Di2の場合は、レバースイッチを押した時にケーブルを伝って電力を送ればいい訳ですが、eTapは無線ですからね。

なので、レバースイッチからの信号をRDが受信する必要がある為、受信する前にRDが起動してる必要があります。

しかし、そのままずっと起動してるとバッテリーが無駄になくなるので、自転車が動いてない時は電源カットする仕組みになっています。

静止してから30秒動かさないと電源カットされます。

という訳で、ネット上でも見かけますが、車載や電車移動などの時はRDのバッテリーを外しておく必要があります。

・・・と、そういう情報を得た訳ですが。。。

そうするとFDはバッテリー外さなくていいのかな?と疑問に思い、試しにRDのバッテリーを外した状態でレバースイッチにてFDを操作してみました。

動かないものだと思っていたのに・・・、普通に動くんですがー!(^_^;)

 

ただ、これはもしかしたら ”RDのバッテリーが無くなった時に先にFDをインナーに落とし、次にFDのバッテリーをRDに付け替えて使う為” なのかなぁ・・・

確かに、RDのバッテリーが切れた為にFDも動かす事ができなかったら、下手するとこの先の激坂をアウター縛りで超えなければならなくなるかもですよね(・_・;)w

そういった時の対処の為にRDがバッテリー切れでもFDは動くようになってる。と考えればいいのかな?

だとすると。。。FDのバッテリーも外さないと車載や電車移動の時にバッテリー消耗しちゃうのかな?

この辺の情報が探しても出てこないんだよなー( TДT)

 

ん~、もうちょっとググってみますか・・・┐(´д`)┌