『BOMA CT-R1 ALLUMER』

さて、サクッ!と届いたNewフレーム『BOMA CT-R1 ALLUMER』ですが、あまりお金を掛けない為にもKHS3RENSHOからいいとこ取りのパーツ移植も含めこんな構成で。

P6200238

一番初期のBOMA

 

【IYH】
[フレーム]   BOMA CT-21C
[シートポスト] BOMA CARBON SEAT POST SP-03
[ステム]     3T – ARX Team Alloy Oversized
[ブレーキ]   ULTEGRA BR-6700


【3連勝より移植】
[サドル]     Prologo CHOICE ProTi 1.4 シングルカバー
《後にSelle San Marco REGALe Carbon FXに換装》
[ホイール]   DURA ACE WH-7850-C24-CL
[カセット]    105 CS-5600 12-25T
《後にDURA-ACE 7900 CS-7900に換装》

[ペダル]     KEO スプリント クロモリアクスル
《後に【LOOK】KEO Blade Carbonに換装》

【KHSより移植】
[クランク]   ULTEGRA FC-6601G 《後にFC-6700に換装》
[BB]       DURA-ACE SM-BB7900
[STI]      ULTEGRA ST-6600G
[FD]      ULTEGRA-SL FD-6600G
[RD]      ULTEGRA-SL RD-6600G-SS
[ハンドル]   シマノPRO PLT OS アナトミック 400(C-C)
《後に3T – ErgoNova Team Carbonに換装》

 

そんな訳で、KHSはグレードダウンして頂く事になり、3RENSHOに至っては文字通り『骨抜き』になりました(笑)

 t02200165_0800060010201830461

続:『3RENSHO』

さて、知人から頂いた『3RENSHO』のフレームにパーツを組んでいく訳ですが、基本的にワークスタンドもないので、まずはホイールから取付けますか。

ホイールさえ付いてれば、ディスプレイスタンドが使えますからね。。。

kmg_00239_R

ホイールは低価格帯の完成車に標準装備されていたと思われる『ボントレガー』をヤフオクでGET←3000円位???

当時は全く分からなかったけど、めっちゃ重いです(笑)
(練習用に使おうかしらw)

他は・・・

・メーカー不明のサドルw
・FD,RD、STI、クランク、スプロケは5600系105
・キャリパーは600系アルテ
・ハンドルとコラムはNITTOでチタンコラム(激軽!)←フレームと一緒にもらった
・BBだけデュラw

と、こんな構成でした。

P1000293

コンパクトクランクがなかった時代のフレームなので、FD台座を加工したりしたけど何とか普通に変速OK←それでもチェーンガイドとチェーンのクリアランスが10mmは空いてるw

 

この3RENSHOは、発100kmを達成したり、エンデューロ(耐久レースのようなもの)デビューしたりと中々想い出のある自転車でした。

その後も、ホイールをC24デュラエースに履き替えたりしましたが、結局フレームが小さすぎた事と、クラックらしきものがあったので『安全と快適を言い訳に考慮して』NEWフレーム導入という流れが『自然に』出来上がってきました(笑)

P4150192_R

RIMG2406_R


これは危険でしょ!

 

 

『3RENSHO』がやってきた!

『3RENSHO』って知る人は知るブランドであり、ケルビム創業者の今野仁氏の弟である今野義氏が創業したブランドです。

ケルビムの今野仁氏は現在も大活躍していますが、今野義氏は体調を崩し数年前に引退されています。

 

『3RENSHO』と言えば、クロモリフレーム!(あぁ、いつかクロモリ欲しいな・・・)

ですが、あまり知られてはいませんがカーボンフレームもあったんですが(たぶんOEM)2008年10月に、3RENSHO カーボンフレームを知人から頂きました!

実は、これが私のロードバイク(700C)の始めてです。

kmg_00236_R

そして、この後オークションなどから必要なパーツをコツコツと集めて、数ヶ月かけてw組み立てていくのでした(笑)←これがまた楽しい。。。

というか、このフレーム、めっちゃ柔らかいです!(笑)
今、乗ったらメッチャ怖そう(笑)