チューブラータイヤの携行とツール缶

2013-05-31 10.16.49

早速『NOAH』のフレームに入替えた訳ですが、私のいつもの事・・・

新しい自転車が納車や完成すると決まって『雨!』はぁ?なんで?!って位『雨!』なんです!

今回も、梅雨入りしたとか聞いて、『あ”ー、また組み上がると雨なのかよ・・・(T_T)』と思ったのも束の間!で、その翌日からは連日の『降る降る詐欺』のお陰で先日無事にシェイクダウンと相成りました。

 

こういう『詐欺』ならいいもんだネー(・∀・)

 

 

んで、このフレームにサドルバッグは似合わねー! ・・・と感じたので、今回初めてサドル下にチューブラータイヤを括りつけてみた訳ですが・・・ 中々いい感じに収まったかな?

DSC04782_R2

方法としては、トゥストラップで固定していますが、トゥストラップなんて初めて使いました(笑)

そして、サドルバッグに入っていたものは一部を除き、新たに購入したツール缶に移行。

DSC04778_R2

このツール缶がまた中々いい感じです!

分かりますか?

画像中、右側の白い入れ物がツール缶の上部分に収まるんです。

つまり、ツール缶内で2段になっているんですね!

長い物を入れたりしたい場合は、この白い部分を使わなくすれば可能ですし、私は頻繁に使うであろう『ワイヤーロック』などを入れました。

 

ところで今回、リアタイヤのトレッドが減ってきたので交換した訳ですが、携行してた予備タイヤが未使用品だったので、それと交換しました。

DSC04755_R2

つまり、サドルに括りつけた予備タイヤが、今回外したタイヤとなります。

 

そして実は・・・w

このタイヤ交換でとんでもない事が判明しました(笑)

DSC04761_R2

 

わかりますか?

今までの携行予備タイヤと外したタイヤを重ねてる訳ですが、バルブに注目!

右が外したタイヤ。左が携行してたタイヤ。。。

なんと!エクステンションバルブ(延長バルブ)を付け忘れていました(笑)←

 

これどういう事かと言うと、簡単に言っちゃうと『出先でパンクした場合タイヤ交換はできても空気を入れられない』www

幸いにもパンクに見舞われなくて助かりましたが、これじゃぁ携行してる意味なし!(笑)

 

そんな訳で、今度は『間違いなく!』エクステンションバルブを付けましたよ~。。。

DSC04772_R2

 

 

 

【おまけ!】

DSC04762_R2

 

リムに何か貼ってあるの分かりますか?

これ極薄い鉛テープです。

これでホイールバランスをとっています。

55km/h~60km/hでの下りでかなり【ブルって】いたので付けた訳ですが、NOAHのフレームに入れ替えたらその原因が浮き彫りになってきたようです。

さて!その話はまた今度ね!

 

カタカタタタ………”8-(o・_・)o

自転車用のボトル

さて、ボトルって単純に言うと焼酎のボトルとかウイスキーのボトルとか・・・

じゃなくて、自転車乗りの場合は水分(エネルギー)補給に使う訳ですが、私は最初見た目だけで選んでました。

で、見た目で選んだのが


これw

これはもう迷わずに買いましたねwww(ケンさんらしいとか言わないで下さい)

 

その後、保冷がきくって事で買ったのが


こちらの『POLAR』です。

しかし、使ってみて思ったのは、ゴムの輪っかは要らない。開閉が面倒。ボディーが硬い・・・でした。

 

あとは、レースイベントなどで貰った『参加賞』のボトルもいくつか使ったかな?

で。

ある時に衝撃的なボトルが登場!(全くの個人的見解ですw)

ご紹介しましょう!

じゃーん!
CAMELBAK(キャメルバック)

実際私が愛用しているのはこちらのカラーになります。

51OqbMw-WwL._AA1000_

Amazonの商品説明を拝借すると

商品の仕様

  • 容量: 0.62 リットル
  • 仕様:シリコン製のジェットバルブは弁を内蔵させているので、逆さにしても内容物が漏れません。また、逆さにしながらお好みの量を吸い出すことが可能になりました。従来のバルブのような開閉作業を不要としています。
  • 仕様:未使用時の漏れを防ぐON/OFFレバー。プラスチック臭のしないポリプロピレン性です。また、すべてのボトルゲージにフィット可能。
  • 仕様:「ハイドロガード(特許)」によりバクテリアの増殖を防ぎます。2重構造のチルジャケットを内蔵し、保冷を実現しています。

という事で、私の不満が一気に払拭されました!

実際使ってみると『これいいよぉ~』です♪

もうこれ以外は使えません!って位のお気に入りです。

ボトルってそう高価なものでもないので、お試し感覚で使ってみませんか?
さて、これから暑い夏がやってきますが、いくら保冷機能があると言っても、私は全然期待してませんw
それくらいの機能です。

なので、夏場にロング行くときは前夜に冷凍庫で水などの飲料物をボトルごと凍らせるか、氷を数個入れていきます。