チューブラータイヤの装着方法【その2】

前エントリーでは結局全く作業内容に触れませんでしたが、今回はバッチリと書いていきます。

前回では書き忘れましたが、EC90(ホイール)とコンペチ(タイヤ)の他に、バルブエクステンションとチューブラーテープが必要です。

ところで、バルブエクステンションには色々な長さがありますが、56mmハイトのEC90にコンペチだと、42mmが丁度いいようなので

ビットリア(VITTORIA)バルブエクステンション 42mm

130208_vittoria_valve_extension_62mm

 

そして、チューブラーテープは

MIYATA(ミヤタ)TTP-1 チューブラーリムテープ 16mm×20m(5m版もあり)

318ovk8wotL
まず、タイヤの準備!元々ついてるバルブコアをバルブエクステンション付属の工具?を使って外します。

RIMG0586_R2

 

次に、エクステンションに水道管などの接続に使うシールテープをエアー漏れ防止に巻きます。

RIMG0588_R2

 

先程の工具?を使い締めていきますが、途中からきつくなりバルブの根元が捻じれるので、ペンチなどで押さえながら締めていきました。

RIMG0591_R2

 

そして、先程外したバルブコアにもシールテープを巻き、工具?で締めていきます。

RIMG0592_R2

 

これで、一応接続完了ですが2気圧程度のエアーを入れた後、エアー漏れチェックを忘れずに。。。

RIMG0593_R2

 

ホイールのテープを張る面をお湯で湿らせた綺麗なタオルで脱脂しておきます。カーボンリムなので、ディグリーザーは厳禁ですよ!
是非お湯で(笑)

で、バルブ穴から貼り付けていきますが、バルブ穴は塞がないようにw

RIMG0597_R2

 

チューブラーテープの端の透明テープをタイヤから出るように折り曲げておきます。途中で切れた場合反対から剥がせるように、両端とも出しておいて。。。

RIMG0599_R2

 

下に柔らかいものを置き、バルブ穴を上にして戦闘開始!

RIMG0600_R2

RIMG0601_R2

 

まずは、バルブから入れて上から徐々にタイヤを嵌めていきますが、最後の方はホイールを腹につけて嵌めます。
硬くて嵌めるのが大変な場合もあるみたいですが、私の場合簡単に入っちゃいましたw

テープで粘着させる前にタイヤの“うねうね”を解消する為に、センター出しをして・・・(これ振れ取り台に固定してやるといいと思ったけど、振れ取り台は自宅…)←作業は職場でやりました。

RIMG0605_R2

 

端を出しておいた透明テープを剥がして~~~…

RIMG0608_R2

 

無事に全周剥がし終わったら、ここで一旦エアーを全部抜いて、タイヤをリムに押しつけていきます。これで、更に接着力が増すそうですよ。

RIMG0616_R2

 

で。再度エアーを入れますが、最大許容気圧の12気圧入れようと思いましたが、ポンプが11気圧までしか対応してないのでw、11気圧へと…
暫く、そのままにした後また、2気圧程度に落とし、一日放置です。

ちなみに、EC90(2010年モデル?)に装着できるカセットスプロケットは7800 or 7900 only!!!!!

RIMG0578_R2

 

他の方が、大丈夫じゃね?と、アルテグラのカセットを入れて使っていたら、ガタガタになったそうですw

RIMG0620_R2

RIMG0623_R2

RIMG0621_R2

 

あとですね、ブレーキシューは【スイスストップ】の黄色いのが付属していて、アルミリムとカーボンリム兼用となっています。

が!

それぞれ使い分けた方が懸命です。
なぜかというと、アルミリムで使ってると、少なからず鉄粉を拾います。
そのままカーボンリムに使ったら・・・オソロシア!w

タイヤは【handmade in germany】ドイツ職人のおっちゃん(おばちゃんの確率は低いと思われ)の手縫いです!

RIMG0624_R2

 

そしてこちらのハブ【R4SL】はセラミックベアリング仕様です。
ちょっと回してみると、ずーーーーーっと!回ってますw

RIMG0625_R2

 

ホイールやタイヤの組み合わせによっては、多少手順が違うかも知れませんが、基本的には変わりないと思います。

チューブラーいいです。
軽量で、しっとりしなやかな乗り心地!

でわ~( ´∀`)ノ

『BOMA CT-R1 ALLUMER』

さて、サクッ!と届いたNewフレーム『BOMA CT-R1 ALLUMER』ですが、あまりお金を掛けない為にもKHS3RENSHOからいいとこ取りのパーツ移植も含めこんな構成で。

P6200238

一番初期のBOMA

 

【IYH】
[フレーム]   BOMA CT-21C
[シートポスト] BOMA CARBON SEAT POST SP-03
[ステム]     3T – ARX Team Alloy Oversized
[ブレーキ]   ULTEGRA BR-6700


【3連勝より移植】
[サドル]     Prologo CHOICE ProTi 1.4 シングルカバー
《後にSelle San Marco REGALe Carbon FXに換装》
[ホイール]   DURA ACE WH-7850-C24-CL
[カセット]    105 CS-5600 12-25T
《後にDURA-ACE 7900 CS-7900に換装》

[ペダル]     KEO スプリント クロモリアクスル
《後に【LOOK】KEO Blade Carbonに換装》

【KHSより移植】
[クランク]   ULTEGRA FC-6601G 《後にFC-6700に換装》
[BB]       DURA-ACE SM-BB7900
[STI]      ULTEGRA ST-6600G
[FD]      ULTEGRA-SL FD-6600G
[RD]      ULTEGRA-SL RD-6600G-SS
[ハンドル]   シマノPRO PLT OS アナトミック 400(C-C)
《後に3T – ErgoNova Team Carbonに換装》

 

そんな訳で、KHSはグレードダウンして頂く事になり、3RENSHOに至っては文字通り『骨抜き』になりました(笑)

 t02200165_0800060010201830461