チューブラータイヤの携行(その後)

ご存知の通り、私は普段からタイヤに『チューブラー』を使用していますが、走る時は当然スペアを携行する事になります。

実は私、今まで走行中におけるパンクは1度しか経験がありません。

以前の『クリンチャー』の時は走行中のパンクは皆無で、『チューブラー』にしてからの一度だけでした。

その時はパンクというよりもバーストに近い感じで、ガラス破片を踏んだようで、一気に『ッバーン!』と吹っ飛びました(笑)

 

東金九十九里有料道路を高速走行中だったので、そりゃもう・・・超ビビリました(笑)

 

ところで以前のエントリーにあるように、私的にはサドルバッグよりも見栄えがいいのと、何よりもその見た目『玄人志向』のようなところが気に入っていて、予備タイヤをサドルしたに括り付けた訳ですが・・・

 

しかし、困ったことがひとつ。。。

テールランプの固定位置なんです。今までのようにシートポストに取り付けられなくなりました。
というか、NOAHの場合シートポスト(ISP)に取り付けると見栄えが嫌・・・そもそも翼断面のISPが太いのでなのでライトの固定バンドが足りません。これまた色々と考察しました。

シートポストがダメとなると、シートステーですかね?

しかし、NOAHのシートステーはご存知のように、スリットが設けられていますので、やっぱりシートステーに取り付けるのも嫌なのですw

そこで、サドルレールにぶら下げるテールライトを買ってきました!

とは言え、サドルレールには既に予備タイヤをぶら下げてありますので、これまた付けられませんw

そこで、不要になり適当にカットしたタイヤチューブをサドルしたの予備タイヤに巻きつけて、それにライトを取り付ける方法で解決ズバッとです!

2013-09-01 12.53.46 2013-09-01 12.58.57

 

予備タイヤは畳んだ後 一旦マジックテープ(画像中ピンクの)で固定し、皮のトゥストラップでサドルに括り付けてあります。
2013-09-01 12.54.40

 

その際、まずはトゥストラップをシートレールそれぞれに一回転ずつ回してあります。
2013-09-01 12.53.33

そうする事によって、動きにくくなり固定が強固になるようです。

 

ところで私の場合、万が一出先でパンクした事を考え・・・


の『ユッチンソン ファーストエア・TL/TT 75ml』をツール缶に忍ばせてあるので、裂けたり大きな穴じゃない限りはこれで簡易修理してしまおうと思っています。

時間勿体無いし、予備タイヤは使ってて磨り減ったタイヤなのと、どうせ家に帰ったらまた剥がして本修理しなければなりませんからね。

ま、願わくばファーストエアも予備タイヤも使う事がないのが一番ですね!

 

つーか、私自身はパンクとはほぼ無縁なんですが、今日の午前中は長男の通学自転車のパンク修理をしました(笑)

 

チューブラータイヤの携行とツール缶

2013-05-31 10.16.49

早速『NOAH』のフレームに入替えた訳ですが、私のいつもの事・・・

新しい自転車が納車や完成すると決まって『雨!』はぁ?なんで?!って位『雨!』なんです!

今回も、梅雨入りしたとか聞いて、『あ”ー、また組み上がると雨なのかよ・・・(T_T)』と思ったのも束の間!で、その翌日からは連日の『降る降る詐欺』のお陰で先日無事にシェイクダウンと相成りました。

 

こういう『詐欺』ならいいもんだネー(・∀・)

 

 

んで、このフレームにサドルバッグは似合わねー! ・・・と感じたので、今回初めてサドル下にチューブラータイヤを括りつけてみた訳ですが・・・ 中々いい感じに収まったかな?

DSC04782_R2

方法としては、トゥストラップで固定していますが、トゥストラップなんて初めて使いました(笑)

そして、サドルバッグに入っていたものは一部を除き、新たに購入したツール缶に移行。

DSC04778_R2

このツール缶がまた中々いい感じです!

分かりますか?

画像中、右側の白い入れ物がツール缶の上部分に収まるんです。

つまり、ツール缶内で2段になっているんですね!

長い物を入れたりしたい場合は、この白い部分を使わなくすれば可能ですし、私は頻繁に使うであろう『ワイヤーロック』などを入れました。

 

ところで今回、リアタイヤのトレッドが減ってきたので交換した訳ですが、携行してた予備タイヤが未使用品だったので、それと交換しました。

DSC04755_R2

つまり、サドルに括りつけた予備タイヤが、今回外したタイヤとなります。

 

そして実は・・・w

このタイヤ交換でとんでもない事が判明しました(笑)

DSC04761_R2

 

わかりますか?

今までの携行予備タイヤと外したタイヤを重ねてる訳ですが、バルブに注目!

右が外したタイヤ。左が携行してたタイヤ。。。

なんと!エクステンションバルブ(延長バルブ)を付け忘れていました(笑)←

 

これどういう事かと言うと、簡単に言っちゃうと『出先でパンクした場合タイヤ交換はできても空気を入れられない』www

幸いにもパンクに見舞われなくて助かりましたが、これじゃぁ携行してる意味なし!(笑)

 

そんな訳で、今度は『間違いなく!』エクステンションバルブを付けましたよ~。。。

DSC04772_R2

 

 

 

【おまけ!】

DSC04762_R2

 

リムに何か貼ってあるの分かりますか?

これ極薄い鉛テープです。

これでホイールバランスをとっています。

55km/h~60km/hでの下りでかなり【ブルって】いたので付けた訳ですが、NOAHのフレームに入れ替えたらその原因が浮き彫りになってきたようです。

さて!その話はまた今度ね!

 

カタカタタタ………”8-(o・_・)o

サドルバッグの中って何が入ってますか?

今日はめっちゃ!自転車日和なGWスタート日です♪

という訳で、昨日の練習疲れも多少残ってましたが 軽く走ってきました。
で、帰還して長らく開けていないサドルバックに目がいき、ふと思いました。

DSC04199_R2

年季が入ってるので色褪せてますねー(笑)

 

『あれ?ボンベ2本位とパンク修理用の色々と、チェーンカッター・・・あれ?あとなんだっけ?w』てな訳で、久しぶりにご開帳してみました(笑)

DSC04203_R2
開けてみてビックリ!w

どんだけパンクするつもりなんだよ・・・って位【CO2ボンベ】がゴロゴロと4本www
せいぜい2本でいいだろ!(笑)←道理で重いわけだ・・・

他には【芍薬甘草湯(足がつりそう、つった時に飲む薬)】も入ってた。
これ先日のライドの時に脚がつりまくりだった時に、使えたのに(´・ω・`)
とりあえず、積載物を羅列してみると

・CO2ボンベを使う前に、ある程度空気を注入する為の小さな手押しポンプ
・CO2インフレーター及びボンベ(4本w)
・チューブラータイヤ剥がし用のタイヤレバー
・ミッシングリンク
・チェーンの予備コマ
・チェーンカッター
・エクステンションバルブ
・携帯型マルチツール
・ワイヤーロック
・Di2のケーブル着脱用工具
・Hutchinsonのパンク修理剤?(Fast’ air (ファーストエア))
・クリンチャー用のタイヤレバーとパッチのセット

とまぁ、意外と入るものですね。
ちなみに、なんでチューブラーなのにクリンチャー用のパンク修理セットが?
って思われるかも知れませんが、一緒に走っている人や困っている人がいたら使ってもらえるようにと積載しています。

あ!
多めのボンベも、だ、だれかが困っていたらとおもっt・・・w

 

で、これらを収納してるサドルバッグですが、私のは初代自転車【ドッペルギャンガー】の時から使っているもので

【 エアロ ウェッジ パック (ストラップ マウント) M サイズ 】

bag21902_01

これ、簡単に容量を拡張できるのですが、拡張しないで上記の物達が収まっています。

今まで何度か違うバッグにしようかなと物色してきましたが、コレ!ってのもなく、今に至ります。

結局は、このバッグが飽きずに利便性も高いのかも知れませんね!
実際、TOPEAK(トピーク)のロングセラーで今でもよく売れてるそうです。←納得
どうですか?
皆さんもたまには、サドルバッグの中を確認してみませんか?

 

飽きのこないロングセラーのサドルバッグ 【エアロ ウェッジ パック】他にも色々なサイズもありますよ!

そして、そして、パンク修理に自信がない方や、時間を無駄にしたくない方のいざという時の心強い味方 【HutchinsonのFast’ air (ファーストエア)】私のように滅多にパンクしない人でも持っているだけで“安心感”があり、超オススメします!(但し、あくまでも応急処置と捉え、帰宅後は本修理をおすすめします。)